女の子が生まれたら|子供の誕生祝いに五月人形をプレゼント|地域の風習に合わせよう
メンズ

子供の誕生祝いに五月人形をプレゼント|地域の風習に合わせよう

女の子が生まれたら

お雛様

飾り方のルール

日本の伝統として女の子が生まれたら雛人形を飾るというものがあります。物心ついた時には三月三日の桃の節句には自宅に雛人形が飾られていたという方も多いのではないでしょうか。伝統文化でもあることから飾り方にはルールもあります。間違えやすいのがおばあ様やお母様が使っていた雛人形をそのまま使ってしまうというものです。代々譲り受けるのは良いことであると考えられがちですが、雛人形は女の子が生まれたらその子の雛人形を新しく用意するのが正式なルールです。そして桃の節句が過ぎたらいつまでも出しっぱなしにせずにすぐに片付けるようにしましょう。一年に一度の出番となりますが、きちんとお手入れをして片付けることでいつまでもきれいな状態を保つようにしましょう。

小さくても大丈夫

雛人形は何段もあるものから二人だけのものまで様々な種類があります。大きなものほど良いということはないので住宅環境に合わせて無理のないものを選べば問題ありません。和風の日本人形はインテリアに合わないから不要とお考えの方もいるのではないでしょうか。価値観が多様化している現代ではそういった考えも当然出てくるものです。しかし現代の洋風なインテリアにも合うようなおしゃれな雛人形も豊富にあります。可愛らしいポップな印象の雛人形や、玄関やリビングのちょっとしたスペースでも置けるようなコンパクトなものまで様々です。女の子の健康や幸せを願う雛人形ですが、春を感じるインテリアとしても気軽に取り入れて楽しみましょう。